マネーハック

【予算月13万円】節約をして毎月3万円の貯金を作る|固定費・食費を抑える方法

毎月の収入は会社員であればほぼ決まっています。ほぼ決まったお給料の中から色々節約していくのは、給料が低い人ほど大変です。

私は今はフリーランスですが、以前会社員だった時のお給料は手取りで13万円でした。その中から色々やりくりしていましたので、フリーランスになった今も月13万円で生活しています。

そこでこの記事では私の月13万円という決まった収入の中から効率的かつ、確実に貯金を3万円作った方法と、節約のポイントである固定費を抑える方法についてもご紹介します。

 

3万円を確実に貯金するために先取り貯金をする

月13万円のお給料の中から3万円の貯金を毎月貯金してしまうと、残りは10万円しかありません。

月10万円で1か月を過ごすのは、経験したことのある人ならお分かりかと思いますが相当大変です。

そこでおすすめなのが、私の場合は給料振り込み口座とは別に同じ銀行の積立定期預金を銀行で作り自動的に引き落としされるように設定しました。

そこから月3万円をお給料日に強制的に振り込みをするようにして、実質月10万円で生活するようにしています。

最初はきついですが、慣れてくると月3万円の振り込みは「支払い」という感覚になるので、月10万円で生活できるようになります。

 

私の給料やりくり方法は封筒小分け術

確実に10万円で生活するために私がとった方法は、給料振り込みされた日に10万円を全部引き出して、小分けにして封筒に入れるという方法でした。

私の場合は主に

・食費…4.5万円(家族4人分)

・固定費…2万円(携帯3000円、県民共済4000円、個人年金保険、1.3万円)

・おこづかい…1万円(被服費、お菓子代、趣味費はここから出す)

・交通費…1.6万円

・予備費…0.9万円(冠婚葬祭があったときなどの予備費。あまったら貯金にまわす。)

の5つの袋を作りそれぞれ予算に合わせた金額を小分けにして入れています。ちなみに封筒はお給料が振り込まれる銀行の封筒を使っています。

 

固定費は定期的に見直す

今でこそ上述の金額でなんとかやっていけてますが、これだけの予算までシェイプアップするのにはかなり苦労しました。

そこで私が一番最初に取り掛かったのが、固定費の徹底的な削減でした。以下に具体的に私がやった方法を紹介します。

 

固定費削減1 携帯は格安キャリアに

それまで私はauのスマートフォンを使っていました。金額はたしか7000円くらいだったと思います。かなり高いなと思っていたのですが、格安SIMに変えるにはちょっと面倒くさいし、難しそうだと勝手に思い込んでいました。

しかし携帯で月7000円もかかってしまうと、月10万円では生活できません。

そこで思い切って自分が携帯のどんな機能を使っているのかを考えてみました。私の場合は

・5分くらいの短い通話を家族とよくする。

・Wi-Fiでネットをする

・メールは基本line

こんな感じだったので、これに合うキャリアを探したところY!mobileなら1回の通話が10分以内なら通話料ゼロ円という事を知り、すぐにY!mobileに変更しました。

おかげで毎月の携帯料金は月3000円と、大手キャリアの時よりも大幅に携帯料金をカットすることができました。

 

固定費削減2 民間保険から県民共済に変更

それまでは民間の保険に入っていて、保険料は1万円を超えていました。その代わり死亡保障やケガ・病気の保証は手厚かったです。

特に私の入っていた保険は3年間健康だったら10万円プレゼントという生存給付金がありました。これ正直いらないのですが、保険の規約で生存給付金は無くすことができないとわかりました。

月1万円も高いし、いらない生存給付金に保険料上乗せで払うなんてもったいないと思い、同じような保証がある別の保険を探すことにしました。

そうしたら生存給付金がなくて、死亡保障やケガ・病気の時の保証もある県民共済にたどり着きました。

共済は民間の保険よりも安く保証も最低限ついているので、民間の時ほど手厚くはありませんが、私の今の保険料は4000円と、こちらもかなりシェイプアップすることに成功しました。

 

食費は値下げ品を狙う

家族4人の食費は私が賄っています。食費を削るときにやってしまいがちなのが、食費の節約におかずを減らしたり、ごはんを減らしたりなど。

でも家族の我慢や健康を考えると、食事の量を減らしたりといった方法はあまりやりたくありません。

そこで私は夕方以降と早朝のスーパーの生鮮食料品を狙っています。

スーパーでは賞味期限切れのものは販売できないので、期限が切れる前になんとか販売してしまおうと値下げをしてくれます。

この値下げ品が多い時間帯というのが、開店直後と夕方以降~閉店間際です。特に閉店間際は半額商品があるのでねらい目ですが、私の場合車がないため開店直後のスーパーを狙います。

開店直後であれば、昨日作って今日販売期限のものが値引きされているのでおすすめですよ。

 

まとめ

この記事のまとめ

・給料が出たら積立定期預金に引き落とし設定をする

・携帯は格安キャリアに変更する

・保険は民間よりも共済が安い

・開店直後か閉店前のスーパーで生鮮食料品を狙う