ライフハック

アイフォン11の大きさと重さを過去機種と比較してみた|10・XSとは何が違うの?

ついに9月13日(金)からアイフォン11の予約が始まりますね!発売日も9月20日に決定しました。

発売が決定してからアイフォン11関連の話題で連日にぎわっていて、早く発売しないかなとわくわくしてしまいます。

しかし重さとか過去のアイフォンとの違いって何かあるのかな?とふと疑問に思ってしまいます。

そこで今回の記事ではアイフォン11の大きさと重さをアイフォン10やアイフォンXSなど過去機種と比較してみました。

アイフォン11とアイフォンXS・アイフォン10の大きさと重さ比較

アイフォン11の大きさを分かりやすくするために過去機種のアイフォンXSやアイフォン10と大きさ・重さの比較表を以下に作ってみました。

アイフォン11 アイフォンXR アイフォン10
重さ 194g 194g 174g
高さ 150.9mm 150.9mm 143.6mm
横幅 75.7mm 75.7mm 70.9mm
厚み 8.3mm 8.3mm 7.7mm

このように見てみると、アイフォンXRとアイフォン11は全く重さも大きさも同じであるというのがわかります。

しかし容量のせいなのか、アイフォン10よりも大きさ・重さ共に若干大きくなっているという感じですね。

アイフォン11のスペックまとめ

アイフォン11って今までのアイフォンとどう違うのでしょうか?

分かりやすくまとめてみました。

その1・カラーバリエーションが6色ある。

黄色|紫|白|黒|緑|赤の6色展開は今までのアイフォンにはありませんでした。

その2・12MPの広角カメラ・超広角カメラ

12MPって何?という感じですが、MPは画像数の事を指します。1200万画素とも表現されます。

これだけあればかなり綺麗な写真が撮れるということなので、インスタグラムやTwitterに綺麗な写真を載せたい人にはおすすめです。!

その3・ナイトモードで夜間撮影もバッチリ

夜間撮影モードでも綺麗な写真が撮れるので、夜景とかめちゃくちゃ綺麗に撮影できそうですね。

その4・4Kカメラ60fps動画撮影

動画撮影もこれだけのスペックがあればスムーズです。もうビデオカメラもデジカメも必要ないですね。

その5・水深2mまで30分の耐水が可能

防水もしっかりしてます。水深2m・30分までの耐水機能があるので、故意に水没させるとかしなければ、多少の雨風などでスマホが濡れても安心ですね。

その6・バッテリーの持ちがXR+1時間

アップルの公式サイトではXRのバッテリーの持ちはおよそ11時間なので、+1時間多いという事は12時間持つということですね!

これも今までのアイフォンに比べたら最長の持ちです。

その他にもGPUがスマホ最速であったりDolby Atomos(ドルビーアトモス・音声技術で迫力のある音に対応している)対応 などがあります。

つまり要約すると、【今までのアイフォンよりも性能が良いよ】ということはなんとなくわかるかと思います。

アイフォン11値段はいくら?

やっぱり気になるのは値段ですよね。

価格は容量によって異なります。

64GB:7万4800円|128GB:7万9800円|256GB:9万800円

なかなかのお値段ですね。まぁアイフォン自体がものすごく高いので、妥当と言えば妥当かもしれません。

携帯会社で契約すると月々の支払いに分割されるので、一括で買わなければそんなに気にならないのかもしれません。

まとめ

この記事のまとめ

・アイフォン11の重さ・大きさは前機種のアイフォンRXと同じ。

・アイフォン11の価格は7万4800円~