観光

【絶品ソウルフード】ランチにおすすめの沼津の美味しい餃子

沼津はグルメの街でもあります。そんな沼津には通称「沼津餃子」なる沼津市にしかおそらく売っていないであろう餃子があります。

餃子といえば静岡だと浜松餃子が有名ですが、沼津だって負けていません。見た目だけで言ったら多分インパクトは沼津餃子の方が大きいのではないかと思います。

この記事では一風変わった面白い餃子を紹介しています。

いつもの餃子とは違う見た目も味もインパクトが大きい餃子を食べてみたい人におすすめです。

 

中央亭の営業時間・場所・お休みなどの店舗情報について

営業時間 11:00~17:00(※売り切れ次第終了)
店休日 毎週月曜日・第3火曜日
駐車場 なし(※3500円以上で契約パーキング無料駐車券1時間つきます。)
ホームページ なし
餃子の価格 餃子6個入 600円(税抜)、餃子8個入 800円(税抜)、餃子10個入 1000円(税抜)
アクセス

 

これが沼津餃子!「中央亭」

沼津駅の南口すぐのところにある仲見世商店街から少し脇道にそれたところにあるのが、沼津餃子のある「中央亭」です。

中央亭の餃子は美味しいしボリューミーなので、いつも開店前から行列ができています。

閉店時間は17時となっていますが、その日一日の餃子の予定販売数が終了すると、その日の営業は終わりなので、あまりゆっくりしていると食べられなくなります。

というのも閉店時間の17時まで空いていることはまず無いからです。早い日だと開店して1時間で終了ということもありますので。

基本的には開店してすぐに並ばないと食べられなくなります。

ですので確実に食べるには、なるべく早めに行くのがおすすめです。

これが中央亭の餃子です。この餃子インパクト大です。

私は学生時代まで餃子といえばこの形だと思い込んでいたので、ラーメン屋などで出てくる餃子を見て逆に驚いてしまった経験があります。

写真だと分かりにくいのですが、中を割ってみると、ものすごい油が出てきます。この油がとても美味しいのです。

ちなみに中央亭の餃子の特徴はニンニクを使っていないというところです。

ニンニクを使っていないのに味がしっかりしているので美味しいです。

ニンニクが入っていないのでお昼休みのサラリーマンやOLなど、会社員の人が結構多く来ます。

おそらく会社員の人が多く来るからニンニクを使っていないのだろうなと思います。

餃子専門店ということもあり、ファミレスと違い餃子しか置いてません。

置いてあるメニューは餃子定食の6個入り、8個入り、10個入り、コーラなどの飲み物だけです。

餃子定食にはメインの餃子と、ごはんがついてきます。(常連さんは「小ライス」とか「中ライス」という頼み方をします。)

とにかく普通の餃子と違って、餃子ひとつの大きさがダイナミックなので(おそらく普通の餃子の2倍は大きいです。)女性の場合は6個入りで充分お腹いっぱいになります。

気になるお値段の方はというと、小の6個入り餃子が税抜きで600円、中の8個入り餃子が800円、大の10個入り餃子が1000円です。

ここにライスを頼むと150円ですが、ライスは絶対オーダーしなければいけないというわけでもないので、純粋に餃子のみで頼むこともできますよ。

ちなみに中央亭の餃子は前もって予約をしておけば持ち帰りも可能です。

食べたついでに予約する場合は、お店の人に要確認です。基本的には持ち帰りは予約のみなので、その日の予約状況によります。

私が行った日は、すでに予約がたくさん埋まっていて予約することができませんでしたので、餃子の持ち帰り注文ができませんでした。

 

中央亭の餃子の特徴

見た目の餃子のインパクトも特徴のひとつですが、肉汁がすごいというのも中央亭の餃子の特徴といえるでしょう。

あと皮が大きいです。

餃子ひとつに入っている具の量が多いので、皮も大きくて厚いです。この皮の厚さも私は好きです。

もちろんお値段の方も普通の餃子に比べたら若干高いですが、この大きさの餃子なら逆にリーズナブルなのではと感じる値段です。

あと開店から絶えず人が来るので、ひとりで行ったりすると相席になる可能性が高いです。

私が見た中でも「相席でもいいですか?」という店員さんの言葉を結構聞きました。

相席であっても美味しいからみんな食べていくんです。

 

まとめ

この記事のまとめ

・沼津のソウルフードおすすめの餃子は「中央亭」

・中央亭の餃子はニンニクが入っていない

・値段は6個入餃子600円、8個入餃子800円、10個入餃子1000円

・持ち帰りも可能。