スポーツ

ラグビーワールドカップ南アフリカ(スプリングボクス)のエンブレムの花は何?

ラグビーワールドカップの決勝トーナメントが始まりましたね。

日本にとっては初めての決勝トーナメントで、さらに4年前には奇跡の勝利を挙げることができた南アフリカが対戦相手です。

4年前は奇跡の番狂わせなんて報じられていましたが、今回のラグビーワールドカップはどうなるのか楽しみですね!

そこでこの記事ではラグビーワールドカップの決勝トーナメントで日本と対戦する南アフリカ(スプリングボクス)のユニフォームの胸の部分に描かれているエンブレムが何の花なのかについて調べてみました。

ラグビー南アフリカ(スプリングボクス)のエンブレムの花は何?

ラグビーではそれぞれのチームにエンブレムがあります。日本の場合は桜がエンブレムになっています。

南アフリカの場合は、ユニフォームの胸のあたりについているエンブレムが花になっていますが、あの花は何の花なのかが気になります。

そこで調べてみたところ、ラグビー南アフリカのユニフォームについているエンブレムの花は「プロテア」という花ということが分かりました。

プロテアは南アフリカ原産の花で、南アフリカの国花でもあります。

以下プロテアの花を分かりやすくまとめてみました。

和名 プロテア(学名も英名も「Protea(プロテア)」です。)
分類 ヤマモガシ科プロテア属
花言葉 自由自在|風格|豊かな心|王者の風格|甘い恋|栄光
種植え時期|開花時期 3月~4月|4月~6月

南アフリカのユニフォームの肩に描かれた動物は何?

南アフリカのユニフォームの左胸に描かれた花は南アフリカの国花「プロテア」ですが、選手のユニフォームをよく見ると肩のところに何やら動物が描かれています。

この動物はラグビー南アフリカのチームの愛称である「スプリングボクス」の元となったスプリングボックという南アフリカに生息する俊敏な草食動物です。

スプリングボックに関しては以下の記事でも詳しく書いていますので、ご覧いただけたらと思います。

【スプリングボクス】ラグビー南アフリカのユニフォームの動物は?通販情報も紹介!スプリングボクスの愛称で知られるラグビーの南アフリカチーム。 10月20日に初めて決勝トーナメントに出場を決めた日本と対戦します。...

ちなみにラグビー南アフリカ代表がスプリングボックを起用したのは1906年の英国遠征からと言われていて、当時まだ愛称が無かったラグビー南アフリカのチームが英国に勝手にあだ名(愛称)を付けられるのが嫌だったから自分たちで考えたのだとか。

初めて愛称が付けられてから100年経ってもスプリングボクスの愛称とチームの動物は変更されること無く、愛され続けているなんてなんだか素敵な話ですね。

まとめ

この記事のまとめ

・ラグビー南アフリカのユニフォームの左胸に描かれたエンブレムの花は「プロテア」の花。

・南アフリカのユニフォームに描かれた動物はスプリングボック。