男性有名人

宮崎大輔の筋肉がすごい!トレーニング方法や現在のイケメン画像も紹介!

ハンドボール選手の宮崎大輔さんといえばイケメンの筋肉がすごいアスリートとして有名な選手です。

そんなハンドボール選手の宮崎大輔さんが11月5日放送の踊るさんま御殿に登場されます。

宮崎大輔さんといえばやっぱり綺麗に割れた腹筋やハーフパンツの下から見えるあのゴッツイ脚の筋肉です!

あの腹筋や太ももの筋肉にメロメロになる女子は多いのではと思いますw

今回の踊るさんま御殿でも6つに割れた腹筋を披露していただけるのか楽しみです。

そんな宮崎大輔さんの2019年現在のイケメン画像やかっこいい筋肉美などこの記事ではご紹介したいと思います。

宮崎大輔さんの筋肉がすごい!筋トレ方法は何?

 

この投稿をInstagramで見る

 

明治戦勝ちました。 また変な筋肉が😅 #日本体育大学 #handball #ハンドボール #筋肉 #bennu

DAISUKE MIYAZAKI(@daisuke7_official)がシェアした投稿 –

この足の筋肉とかさすがアスリートという感じですね。

ちなみに宮崎大輔さんの膝小僧の凹っとした部分は大輔筋というらしく、ここは宮崎大輔さんにしかない筋肉なのだそう。

宮崎大輔さんしか無い筋肉なので、宮崎大輔さんの名前を借りて「大輔筋」と呼ばれるようになりました。

実際に「大輔筋」とYahoo!で検索かけるとたくさんのサイトがヒットします。

そんなすごい筋肉をお持ちの宮崎大輔さんってどんなトレーニングしているんだろうかと気になります。

調べてみたところ宮崎大輔さんのトレーニング方法は

  • 毎日50キロぐらい自転車を走る
  • プロテインを飲む
  • 体幹トレーニング
  • クランチ・ベンチプレスなどの筋トレ
  • 高たんぱく質な食事
  • 毎日5キロを20分で走る

これらのトレーニング方法が出てきました。

このほかにハンドボールの練習ももちろんしているので、相当な運動量です。

やはり一流アスリートという感じのトレーニング方法ですね。

特に効率的なのが、クランチ・ベンチプレスなどの器具を使った筋トレ(無酸素運動)が多いところです。

そして筋肉に重要な体幹トレーニングも取り入れているところです。

体幹トレーニングのメリットは、筋肉のバランスを整えてくれるところです。

また宮崎大輔さんは幼い頃納豆や煮干しをよく食べていたそうです。

納豆といえばたんぱく質が豊富な食材です。宮崎大輔さんの筋肉は幼いときから食べていたものも影響がある感じですね。

さらに宮崎大輔さんの筋肉を作る食事のポイントは、1日の食事のカロリー摂取量を抑えることです。

1日の食事のカロリーを抑える代わりに筋肉の元となるプロテインを摂取しています。

プロテインの成分のアミノ酸は筋肉を作るたんぱく質の元となるので、筋肉にとってとても効率的な食事なのです。

宮崎大輔さんの2019年現在のイケメン画像はある?

 

この投稿をInstagramで見る

 

最近のマイブーム❗️ お水‼️ #水 #宮崎大輔 #マイブーム #handball #ハンドボール

DAISUKE MIYAZAKI(@daisuke7_official)がシェアした投稿 –

2019年の宮崎大輔さんの画像です。

宮崎大輔さんといえばイケメンアスリートとしても有名な選手ですが、2019年もそのイケメンぶりは健在です。

むしろ年齢を重ねていい意味での渋みが出てきた感じがします。

宮崎大輔さんの経歴は?

宮崎大輔さんの経歴を以下ご紹介いたします。

宮崎大輔さん経歴

2003年:日本代表としてアテネオリンピックのアジア予選に参加

2004年:アジア男子ハンドボール選手権 銀メダル

2004年~2005年:最優秀殊勲賞・ベストセブン・最優秀選手賞・新人王・第45回全日本実業団選手権新人賞獲得

2010年7月:第51回全日本実業団選手権ベストセブン受賞。アジア男子ハンドボール選手権 銅メダル

2015年:リオデジャネイロオリンピック・アジア予選日本代表に選出

宮崎大輔さんは2019年3月12日に長年所属していた大崎電気を退団し、大学4年の時に退学した日本体育大学に再入学することを報告されています。

宮崎大輔さんの誕生日は1981年6月6日で、38歳という年齢ですが、その年齢にして大学に再入学するって本当にすごいことです。

38歳にして現役のハンドボール選手として、さらに大学生に戻り、これからの活躍がますます期待される選手です。

まとめ

この記事のまとめ

・宮崎大輔さんの2019年現在もイケメン・筋肉ともに健在だった。

・宮崎大輔さんの美しい筋肉は高たんぱく質な食事やクランチ・ベンチプレスなど日々の筋トレのたまものだった。