男性有名人

ラウェイ選手渡慶次幸平(とけしこうへい)さんがすごい!経歴がヤバイ!

12月4日に放送された笑ってこらえてに登場されるラウェイ選手の渡慶次幸平(としけこうへい)さんが気になります。

なんでも調べてみるとラウェイを始めたのが2年前の2017年というのだから驚きです。

そこで渡慶次幸平(としけこうへい)さんのwikiプロフィールや経歴などが気になり調べてみました。

世界で一番過酷な競技と言われるラウェイの日本人選手チャンピオンはどんな人なのか気になります。

渡慶次幸平(としけこうへい)さんってどんな人?経歴がすごい

渡慶次幸平(としけこうへい)さんは山本“KID”徳郁さんに影響を受けて格闘技を始めています。

プロの格闘家になることを目指しして、19歳の11月に沖縄から上京し、3年後の2012年に老舗総合格闘技団体プロデビューされています。

その後も2戦目でベストバウト賞を取得し、3戦目でメインイベントを任されるほどでしたので、格闘家として結構華々しい活躍といえます。

渡慶次幸平(としけこうへい)さんのwikiプロフィール

渡慶次幸平(としけこうへい)さんのwikiプロフィールを以下にまとめてみました。

渡慶次幸平さんプロフィール

名前:渡慶次幸平(よみ:とけしこうへい)

キャッチコピー(あだ名):暴走タコライス

生年月日:1988年6月4日(21歳)

出身:沖縄県豊見城村(現:豊見城市)

身長:170㎝

高校:沖縄県立糸満高等学校

所属ジム:クロスポイント吉祥寺

渡慶次幸平(としけこうへい)さんのボランティア活動

渡慶次幸平(としけこうへい)さんがすごいのはミャンマーの現状を見てミャンマーの小学校に文房具を寄付されたり、ホワイトボードを寄付されたりと言った活動をされています。

ミャンマーはまだまだ貧富の差が激しい国でもあります。

その現状を見た渡慶次幸平(としけこうへい)さんが笑ってこらえてでは寄付をされている姿が放送されていました。

自分のファイトマネーをミャンマーの学校の先生のお給料に寄付されたりといった活動をされていました。

かっこいいですね!

地元ではトケシおじさん~と子供たちに呼ばれています。

現在はミャンマーに小学校を建設するためにクラウドファンディングを開始されています。

渡慶次幸平(としけこうへい)さんの行っているラウェイについて

渡慶次幸平(としけこうへい)さんのラウェイという競技はどういう競技なのだろうかと気になります。

ラウェイはミャンマーの国技で、地球で最も危険な格闘技と言われている競技。

いっけんムエタイににているのですが、ムエタイと違いグローブをしないでほぼ素手で戦うというスタイルの格闘技で、頭突きOK、故意でなければ金的攻撃もOKというかなりシビアなルールで失神などは当たり前に起こる格闘技なのだとか。

そんな渡慶次幸平(としけこうへい)さんはラウェイの日本人チャンピオンです。

ちなみにラウェイの日本人チャンピオンは渡慶次幸平(としけこうへい)さん以外にも金子大輝さんがいらっしゃいます。

金子大輝さんの記事に関しては以下にまとめています。

金子大輝(ラウェイ)のwikiプロフィールや経歴は?トレーニングジムはどこ?金子大輝さんはミャンマーの格闘技【ラウェイ】の日本人優勝者です。 ミャンマーの格闘技で日本人が優勝するってすごいことですが、そんな...

渡慶次幸平(としけこうへい)さんのラウェイの試合

実際にどのような試合をされているのか渡慶次幸平(としけこうへい)さんのラウェイの試合動画は無いのか調べてみたところyoutubueにありました。

やはり結構命がけな感じの試合という感じです。

これだけ危険な試合なので、死者とか出ていそうで怖いですが、一応調べてみたところラウェイでの死者に関する情報が見つかりませんでした。

まとめ

ラウェイのファイトマネーでミャンマーに学校を作る活動をされている渡慶次幸平(としけこうへい)さんってかっこいいなと笑ってこらえての放送を見ながら思ってしまいました。

この記事のまとめ

・渡慶次幸平(としけこうへい)さんはミャンマーの国技ラウェイの日本人チャンピオン。

・渡慶次幸平(としけこうへい)さんはラウェイのファイトマネーでミャンマーに学校を作る活動をしていて、ミャンマーの学校の子供たちから慕われている。